openpyxlで式を入れたい。

openpyxlで式を入れる方法。

https://tonari-it.com/python-openpyxl-formula/ あたりで見たけどworksheet.cellでアクセスする場合はちょっと違うようだ。

from openpyxl.worksheet import cell_range

# crood で Range.Address を出す。
rangetext= cell_range.CellRange(min_col=3, min_row=3, max_col=20 , max_row=3).coord
ws.cell(row=r,column=3).value='=sum({0})'.format(rangetext) # formulaは.valueに入れる。

 

 

Windows 10 パスワードの期限が切れました+ユーザーはパスワードを変更出来ない。

 

f:id:tomopo:20180619121138p:plain

 

私のPCじゃないのだけど、Winsdows 10でログイン時に「パスワードを変更してください」の画面が出るが、変更するパスワードを入れると「アクセスが拒否されました」と表示されパスワードが変更出来ない、ログインも出来ない、という状況になった。

  • ネットで調べるとWin7だとBIOSの日付を過去の日付にしてログイン出来るようだが、Windows 10ではOSが時計を覚えていて、BIOSで過去の日付に設定してもOSの日付は覚えている日付で動くらしい。BIOSを変更してもOSの日付変わらない。
  • 回復コンソールでC:\Windows\sytem32\ の utilman.exe を cmd.exe に差し替える方法もダメだった。普通にutiladminが立ち上がる。
  • セーフモードでもパスワードが必要。パスワード期限が切れている場合は、パスワードを変更した上でセーフモードのWindowsにログオン出来る。
  • ユーザーの情報を残したままリカバリ出来るが、それをしてもパスワード期限が切れたという情報は残ったままになっていて、同じ現象の繰り返し。
  • 回復コンソールでnetコマンド使っても回復パーティションの設定しか変えられない。

で、データだけ別のディスクに保存してクリーンインストールし直すことになったのでした。無事死亡。

 

私が見たクソコード

私が見た最高のクソコードは6000行のcase文だった。

6000行のcase文で何をしているかというと・・・

 

たとえばエリアごとに台数を計算するのに

> select area,count(*) from hogehoge group by area 

とすれば良いところを、

> select * from hogehoge

で取ってきて、for文で全行走査しつつ、カウントしてるのである。

C#がデビューホヤホヤの時だったが、前々任者が新しいもの好きでC#での開発を指定、フレームワークも貧弱で書きにくかっただろうなあと同情しつつ、前任者が「本業務はすべて終わっている」と嘘ついて辞めていった結果私が引き継ぐことになり、なかなか今思い出しても胃のあたりがキュっとなる。

 前々任者が受注して開発は外注(たぶんPGもDBも初心者)→ 前々任者退職で前任者が引き継ぎ→前任者解雇で私が引き継ぎ。

なかなかのカオスだったなぁ。

OCSInventory-NGをアップグレードしたらインベントリ取れてない。

OCSInventory-NGをアップグレードしたらインベントリ取れてない。

 

/var/log/apache2/error.log でエラーが出ている。

 [Sat Apr 21 09:50:26 2018] [error] [client 172.17.36.8] Can't call method "do" on an undefined value at /usr/local/share/perl/5.14.2/Apache/Ocsinventory/Server/System.pm line 189.\n
 [Sat Apr 21 09:50:27 2018] [error] [client 172.17.51.10] Can't call method "do" on an undefined value at /usr/local/share/perl/5.14.2/Apache/Ocsinventory/Server/System.pm line 189.\n

解決策

たぶん z-ocsinventory-server.conf のDB設定が間違えている。(どこかのタイミングで OCS -> ocsweb になった気がする。)

http://ask.ocsinventory-ng.org/1/i-got-an-error-500-when-my-agent-contact-the-server

FreeBSDのsmokepingが古かったンゴ・・・

smokemailの日付が日本語になるけどメールの送信は出来てたので放置してたら、

色々アプデしたタイミングでか、smokemailが送れなくなった。

で色々調べてるとpkgやportsのバージョンが2.6.11_8で本家は2.7.1、pkgのほうが3年ほど更新されていないのであった。

- smokeping-2.7.1.tar.gz 2018-02-04 16:37
- smokeping-2.6.11.tar.gz 2014-11-04 23:56

次回野良ビルド致します・・・

けんさくわーど:$rfc2822stamp